​沿革

昭和8年10月15日  療養農園「ベトレヘムの園」開設(収容人員60人)

昭和10年 4月9日  ベトレヘムの園病院 病院認可(結核専門療養所)

昭和10年6月~8月  聖テレジア看護婦寮竣工(15名)軽快患者用外気舎5棟の増築

昭和15年11月23日  御下賜金による 紀元二千六百年記念恩賜病棟竣工(低床200床)

昭和16年 4月1日  外気舎13棟増築 レントゲン室 事務室増築

昭和18年 4月1日  開設者が財団法人となる「ベタニア事業協会」から「慈生会」へ

昭和27年 5月1日  開設者社会福祉法人となる

昭和28年 4月1日  准看護婦養成所開設(第1回生13名 院長 井上泰代)

昭和40年10月1日  病床数変更(結核192床、一般8床へ)一般内科を新設

昭和41年 2月1日  病床数変更(結核155床、一般35床へ)

昭和43年1月10日  リハビリテーションに力を入れる病院として建て替える

         (結核100床、一般68床)

昭和43年 2月1日  リハビリテーション科を標榜

昭和47年 7月4日  結核病棟廃止に関する覚書を締結(昭和48年11月14日を期限)

昭和48年8月20日  一般病床68床で再スタートをする

昭和51年6月30日  増築と新棟竣工を経て、一般病床103床に増床

平成7年12月 1日  一般病床のうち54床を療養病床に転換 療養医療の始まり

平成12年4月 1日  介護保険法施行 これを受け、療養病床から30床を介護病棟へ転換

平成11年4月14日  病院の全面改築が認可、着工に向けてプロジェクトチームを発足

平成13年4月~5月  竣工・祝別式 病床数92床(一般32床 医療療養30床 介護療養30床)

平成13年6月15日  広報誌「ベトレヘムの風」創刊

平成15年7月 1日  療養型病院へ全面転換(医療療養62床 介護療養30床)

平成17年8月22日  日本医療機能評価機構による病院機能評価で初めての認定

平成20年11月3日  清瀬地区において「健康まつり」を開催 以後毎年実施

平成22年8月22日  病院機能評価の認定更新(Ver.6)

平成22年12月1日  「療養病棟入院基本料1」の基準を取得

平成25年9月 8日  病院開設80周年 記念式典開催

平成26年4月 1日  院内保育所(つぼみ保育所)開設

平成27年8月22日  病院機能評価の認定更新(3rdG Ver.1.1)

平成29年1月 1日  介護療養病床を医療療養病床への転換を開始

         (H29.4.1現在 医療療養79床・介護療養13床)  

​ 患者様の権利

​ベトレヘムの園病院は、患者さまの尊厳と権利を尊重し、最善の医療を提供するように努めます

  1.  適切な医療を公平に受ける権利

  2.  治療に関する情報を得る権利

  3.  選択の自由の権利

  4.  自己決定の権利

  5.  機密保持を得る権利